MENU

open



Home > インナーチャイルド心理学 > 【こどもを伸ばす脳内イメージの作り方(1)】
mixiチェック

【こどもを伸ばす脳内イメージの作り方(1)】

■2013/12/20 【こどもを伸ばす脳内イメージの作り方(1)】
朝の記事に、しあわせ脳活性化させるイメージ力について書きました。
実はあのお話しは、自分の為だけではなく、家族の為、会社の為と
広く日常生活に応用できるものなのです。

子どもは、親の期待に応えようと 子どもなりに頑張るもの。
親という存在が、言葉に出しても出さなくても子どもは、
親の想い=期待を敏感に感じとっているのです。

それは、子どもの心の中の見えない部分:精神的なところに影響を
与えているのです。

ところで、親は子供に期待・希望・夢を描くもの。
立派な人になってもらいたい。
世の中で役立つ人に育ってもらいたい。
健康で思いやりのある人になってもらいたい。
このれは、広い意味での期待です。

では、細かい日常ではどうでしょう?
周りからの意見や周囲の子と自分の子どもを比べてみて
「うちの子、もう少し こんな感じになった方がいいんじゃないかしら。」
「田中さんのともちゃんは、ハキハキしていていい子だわ。」
「先生に、言われたこと 少し考えてみないと・・・・。」

ところで、すこし難しいかもしれませんが
自己充足的予言(self-fulfilling prophecy)って、聞いた事が
ありますか?

社会学・経済学では、有名な話なので、旦那さまなら知っている
かもしれません。

自己充足的予言とは、
「人がある状況がほんとうにあると定義すると,
結果としてその状況が現実に存在するものになる」
という理論。

解り易く言うと
【このようになるのではないかといった予期(=期待)】が,
無意識のうちに予期=期待に適した行動に人を向かわせ,
結果として予期された状況を現実につくってしまうプロセスです。

では、これが親の想い=期待とこどもの行動に
どのように関わってくるのでしょうか?

続きは、次回の記事で 詳しく書くことにします。

質問1:あなたは、お子さんをどんな子どもだ、と思っていますか?
質問2:子どもに何かを教える時、どのような手段をとっていますか?
質問3:そして、親個人から見た お子さんは実際どんな子どもですか?


*━━*━━*━━*━━*━━*━━*━━*━━*━━*━━*
無意識の古いパターンを変えて自由に幸せ人生
ヒプノセラピー×ヒーリングのパ−ソナルセラピー
http://luna-heal.biz/hipno.html
-----------------------------------------------
おすすめメニュー:心理カウンセリング アクト
通常の話を聞くだけのカウンセリングとは異なり、
解決策を引き出すアクティブカウンセリング
-----------------------------------------------
「いいね!」を是非お願いいたします。
ルーナヒーリングセラピー
Facebook:http://p.tl/gPBE
*━━*━━*━━*━━*━━*━━*|since 2006|*━━**
お問い合わせメール 講座参加お申込み 個人セッションお申込み
楽しく学ぶスピリチュアル!ヒプノセラピスト講座、チャネリング講座、他 スケジュール

このページの先頭へ戻る
Copyright © 2006-2015 ルーナヒーリングセラピー東京新宿. All rights reserved.