MENU

open



top > ヒプノセラピー講座 > ヒプノ講座の特徴は

ルーナのヒプノセラピスト講座の特徴は

 ヒプノセラピー講座・ヒプノセラピスト講座の特徴国際催眠連盟及び国際セラピストトレーニング協会:国際基準のプログラム

 

初級講座は、世界中に多くのセラピスト育成してきた、国際セラピートレーニング協会(ITTO)/国際催眠連盟(IHF) のプログラムを学びます。
※催眠療法:ヒプノセラピーは、1958年に米国催眠医師会に承認されてから、アメリカで発展を遂げたセラピーです。
中級講座は、世界中に多くのセラピスト育成してきた、国際セラピートレーニング協会(ITTO)/国際催眠連盟(IHF) のプログラムに加え、同じくアメリカで発展を遂げたNLP:神経言語プログラミングも同時に学んでいきます。

※NPLは、欧米ではカウンセラー・コーチ・セラピストはもちろん、経営者やセールスパーソン、コンサルタント、弁護士、医師、教育関係者にいたるまで、幅広く多くの方が学んでいる内容で成長や変容に役立つ内容です。

 国際認定

 ヒプノセラピー講座・ヒプノセラピスト講座の特徴人への理解を深める理論とセラピーの構造理論を実に付け柔軟性のあるセラピストを目指します。

 

上級講座は、人を有機的かつポリステックな存在ととらた視点を持つ為に、心理学・発達心理学・人格適応論・ゲシュタルト心理学・神経言語学をベースに人への理解を深め、インナーチャイルドセラピーや多次元セラピーを学んでいきます。現実的な出来事へ対応できる様になる為に、セラピーの構造とその意味への理解を深め、様々なケースに対応できるような応用力の付く内容になっています。
スピリチュアル面と現実面のバランス感を養い、クライアントのリソースを引き出すことのできる方法を積み上げていきます。

 ヒプノセラピー講座・ヒプノセラピスト講座の特徴講義だげではなく、体験から学ぶ事を 基準にしておりますので、学びと気づきと癒しが同時におこります。

 

頭で理解していても、体験が伴わない限り応用することはできません。
実習では、セラピストとしてのトレーニングだけではなく、クライアントの立場も体験して頂きます。

 ヒプノセラピー講座・ヒプノセラピスト講座の特徴当セラピスト講座の講師(トレーナー)について

 

当、セラピスト講座の講師(トレーナー)は、国際セラピートレーニング協会(ITTO)/国際催眠連盟(IHF) の講師トレーニングにとどまらず、米国NLP協会認定 心理トレーナー アソシエイトでもあります。米国の学びだけでなく、日本でも心理と教育について11年以上学びつづけております。(現在進行中)ヒプノセラピー以外の療法などについても 講座内で話題になりますので、いろいろ聞くことができます。

▲ このページの先頭へ戻る
MENU

open

Copyright © 自分らしさと可能性を引き出すルーナ スピリチュアルヒーリング&ヒプノセラピー東京新宿 Since2006. All rights reserved.