MENU

open



多次元的な自己を統合する 多次元統合セラピー

多次元統合セラピーは、こんなことを解消します。

(重要なこと)

トランスヒプノセラピー,催眠療法,ヒプノセラピー 頭で考えている「在りたい自分像」と 潜在意識にある「今の自分像」に乖離(かいり)があると。

 そのギャップから、心理的・精神的ストレスが生まれる。時間と共に、その隔たりさらに大きくなり、自力では埋めることが難しくなる。最終的には、自分で自分を苦しめる『素』になっていく。

 

トランスヒプノセラピー,催眠療法,ヒプノセラピー 自分自身の中のネガティブやマイナスを無理やりコントロールしたり、力ずくで「何とかしよう」とすれば、するほど、ネガティブやマイナスは 分厚く、強固なものへと強化される。それが、自分自信の限界や制限となり 世界を限定していく。

 すると、ある心理状態を引き起こし、こんな風に 思うかもしれません。

●考えがまとまらず、モヤモヤ状態が続き、何をどうしたらいいのかわからない。

●自分の望みがわからない、何をしたいのか、自分のことが分からない。
●考え込んでてしまい、何も始めることができない。

●何をやっても裏目に出る、上手く物事が運ばない。

●自分の行動、決定に強い不安感や恐怖心がある。

●気分にムラがあり、過敏に反応してしまう。

●感情的になり、物事を継続するのが難しい。継続できない。

●悪い事を考え出すと、その考えから抜けられず その中に入り込んでしまう。

 

 

このような負のループから、抜け出すことができれば。
自分本来の才能を発揮し、あなたらしい 自由で創造的な人生を歩むことが可能になります。

多次元ヒプノセラピー 多次元的な自己を統合することで、あなたの意識エネルギーを 望む方向に変換し保つことができます。

多次元セラピーは、心や頭のなかにある対立構造(ギャップ)を解消し 調和と統合をもたらします。

意識エネルギーを 望む方向へ保つと、あなたの独自性が開花し、本来の力を発揮しやすい状態になります。

 

多次元ヒプノセラピー

人は誰しも、様々な側面を持っています。

 

例えば、仕事をしている時の自分と、親として在る時の自分は、同じ自分でも違う価値観を持っていたりします。また、あなたはすごく優しい気持ちも持っているのもにかかわらず、とても意地悪な人や冷たい人になることもできます。

 

「ほんとうは 自分は どうしたいのか?」
「なぜ、私はここぞ、と言う時に辞めてしまうのか?」
「自分はなぜ?心配や不安な事ばかり、考えて先にすすめないのか?」
「なぜ、お金や成功は 自分から遠ざかっていくのか?」

 

●冷静に理論的に考えれば、自分がやるべきことはわかっている。
「どうすればよいか、その答えは分かっている。それができれば ベストだと思うのに・・・。」

自分で考えをまとめることができなくなったり、混乱したり、感情的になったりして、どうにもならない。

 

また、『前進したい自分』と『進みたくない自分』,

『何かになる為に チャレンジしたい自分』と『行動することを恐れる自分』,

『抱擁力のある自分』と『細かい事にこだわる自分』など、

このような、対立した想いや考えは、ものごとを停滞させます。前に進もうとしてもなかなか進めない状態でしょう。

 

多次元セラピーは、「葛藤の解消」「感情を和らげる」「新たな視点を持つ」などに、優れています。
トランスとよばれるリラックスした状態で、潜在意識(無意識) に働きかけ、精神的な葛藤を解消し調和を促します。

 

内的対立が調和・統合され 心と体の調和を取り戻し 新たな考えや行動へと変容します。

自信をもって夢や欲しいものを行動をとおして反映できるようになり、現実化のサイクルに入ります。

 

 

多次元的な自己を統合する 多次元統合セラピーの受け方

● ご相談メニュー の 

トランス ヒプノセラピー(催眠療法):レギュラー、スペシャル、3回コースより

ご要望に合わせてお選びくださ。

トランスヒプノセラピーのページへ

 

多次元統合セラピー,ヒプノセラピー,東京新宿


▲ このページの先頭へ戻る
MENU

open

Copyright © 心のもやもやを解消し本来の可能性を引き出すヒプノセラピー & スピリチュアルヒーリングなら『ルーナヒーリングセラピー東京新宿』 2006-2018. All rights reserved.